FacebookTwitter

お知らせNews

2021.07.27 事務局から

新型コロナ移民・難民相談支援事業 同行 ・通訳支援のご案内

移住連では、2020年度休眠預金等活用事業「新型コロナウイルス対応緊急支援在留外国人支援」による助成を受けて「新型コロナ 移民・難民相談支援事業」(期間:2021年5月〜2022年2月)をスタートしました。
民間による緊急支援から公的支援等につないでいくための以下の支援を行います。
なお、この事業では、支援対象をPCR検査やワクチン接種など「新型コロナウイルス」に直接関係するケースに限定せず、「新型コロナウイルス感染拡大」の影響を受けて、解雇・雇い止め、賃金カットを言い渡されたり、生活困窮が深刻化しているケース、帰国困難や、在留資格の更新や変更が必要となったケースなども対象とします。

概要

実施する支援

 

① 各地での相談対応への支援(行政窓口等への同行・通訳費等、支援制度情報の提供、助言、相談会の開催等)
② 公的支援等につなげるまでの緊急支援(緊急医療費、シェルター費、食費・消耗品費等)

支援内容

同行支援費・通訳費  3時間未満  6,000円(謝金・交通費を含む)
同行支援費・通訳費  3時間以上 10,000円(謝金・交通費を含む)

申請できる人

移住連会員(個人・団体) *同行実施者・通訳者は移住連の会員である必要はありません。

申請方法 

以下参照

申請期間

2021年5月〜2022年2月


同行・通訳支援の流れ

1. 移住連の会員(団体・個人)から地域コーディネーター(裏面)に、同行・通訳支援の申請について、メール、電話、申請フォームのいずれかの方法で連絡します。

2. 地域コーディネーターが適当と判断した場合、同行・通訳業務を依頼します。専門的な助言が必要な場合には、領域別コーディネーターから助言を受けることができます。

3. 申請者は、同行・通訳支援の実施後、報告書・謝金支払請求書を地域コーディネーターに提出し、その後、同行支援費・通訳支援費を受け取ります。


同行・通訳支援申請先

同行・通訳支援の申請をされる方は、地域ごとに、メール、電話、申請フォームのいずれかの方法で、以下の連絡先に申請してください。

地域

メール

電話

申請フォーム

エリア1

北海道・東北

soudanarea1@migrants.jp

050-3612-9719(西)

https://bit.ly/3gMW6rB

 

エリア2

関東

soudanarea2@migrants.jp

050-3612-9721(張)

050-3612-9725(巣内)

050-3612-9727(内田)

https://bit.ly/3vHf8VJ

 

エリア3

中部

soudanarea3@migrants.jp

050-3612-9742(高原)

050-3612-9752(杉戸)

https://bit.ly/3qg4tAd

エリア4

近畿・中国・四国

soudanarea4@migrants.jp

050-3612-9753(早崎)

050-3612-9764(村西)

https://bit.ly/3gFDHhM

 

エリア5

九州・沖縄

soudanarea5@migrants.jp

050-3612-9772(井上)

https://bit.ly/3gUHDu2

 


■メールで連絡をされる方は、メールに以下の情報を記載してください。電話で連絡される方も下記の情報をご用意ください。

・申請日

・申請者・申請団体名

・所属 *任意

・申請者連絡先(電話番号)

・同行・通訳支援回数: *同一案件で「◯回目」かを記載してください

・希望する支援の種類:同行支援  通訳支援 *いずれかを選択してください

・同行支援予定日

・支援先地域(都道府県市町村区)

・支援言語(通訳支援希望の場合)*任意

・同行・通訳支援先機関/場所

・同行支援者 名前/団体 *決まっていれば記載してください

・通訳支援者 名前/団体  *決まっていれば記載してください

・相談者の居住地域(都道府県市町村区)

・年齢

・国籍

・性別: 男性 女性 その他 *いずれかを選択してください

・相談者の在留資格・期間等

・相談内容(簡単に)

■メール、申請フォームから連絡をされた方は、地域コーディネーターからのご連絡をお待ちください。

■申請以外のお問い合わせは、事務局050-3612-9715もしくは050-3612-9716 までご連絡ください。 

 

 

お知らせ一覧へ

入会について

寄付をする