FacebookTwitter

お知らせNews

2020.04.17 声明・意見

新型コロナウイルス対策としての「国民一人当たり10万円一律給付」についての確認

本日(2020年4月17日)移住連は、政府が新型コロナウイルスの感染拡⼤を受けた緊急経済対策として「国⺠⼀⼈当たり10 万円」を⼀律給付することに決めたという報道(4月16日付け)を受け、以下の通り「確認」を発表しました。
この確認は内閣府、内閣官房に送付しました。



2020年4月17日

 

新型コロナウイルス対策としての「国民一人当たり10万円一律給付」についての確認

 

 新型コロナウイルスの感染拡⼤を受けた緊急経済対策として、政府は、4 ⽉16⽇、「国⺠ ⼀⼈当たり 10 万円」を⼀律給付することに決めたと報道されています。私たちは、この⼀律給付が、多くの⼈びとが⽣活困難・⽣活不安に直⾯している現在の状況に即した政策だと受けとめています。
 ただ、「国⺠⼀⼈当たり」という表現が、外国籍者やその周囲の⼈たちに⼤きな不安を与えています。これまで政府の政策・制度では、「国⺠健康保険」や「国⺠年⾦」に代表されるように、たとえ「国⺠」と冠されていたとしても、その対象には外国籍住⺠が含められてきました。今回の「⼀⼈当たり10万円」についても、外国籍者を含め⽇本に暮らすすべての⼈びとに⼀律に給付がなされるよう適切な対応を求めます。

以上

お知らせ一覧へ

会員になる

寄付をする