FacebookTwitter

お知らせNews

2020.02.10 声明・意見

国連女性差別撤廃委員会(CEDAW) 第 77 回会期前作業部会にNGOレポートを提出しました

 2020年3月2日〜6日に開催される国連女性差別撤廃委員会(CEDAW) の第 77 回会期前作業部会で、日本の次回審査にむけたリストオブイッシュ(事前質問リスト)が協議され、採択されます。日本政府はそのリストに沿って、次回の定期報告書を作成し、1年以内に CEDAW に提出することとなります。
 移住連はJNATIP(人身売買禁止ネットワーク)とともに、移民女性に対する暴力と人身取引に関する報告を担当し、リストオブイッシュにむけた合同NGOレポート(英語版)を CEDAW に提出しました(日本語版はこちら)。

 移住連からは、主に以下の点を指摘しました。
 ◆移民女性に対する暴力
 移民女性対する暴力関する実態調査の要請
 配偶者を対象とした在留資格取消制度の見直し
 ◆技能実習制度
 強制帰国に対する規制措置
 妊娠・出産に関する保護支援制度
 二国間取り決めにおける規制ついて
 人身取引被害防止のための施策 
 労基法第5条(強制労働)に基づく人身取引被害者認定の仕組みについて 等


<合同レポートの作成団体>
マイノリティ女性フォーラム(部落解放同盟中央女性運動部、アイヌ女性会議、アプロ女性ネット、IMADR)
移住者と連帯する全国ネットワーク人身売買禁止ネットワーク
DPI女性障害者ネットワーク

お知らせ一覧へ

会員になる

寄付をする