FacebookTwitter

お知らせNews

2020.08.12 事務局から

新型コロナ「移民・難民緊急支援基金」支援速報(第十一号)

2020年8月12日

「移民・難民緊急支援基金」速報(第十一号)

 

 

 8月10日に第11回支援として、36人への支援を決定しました。寄付については、この一週間で1,228,116円(累計29,587,022円、2020年8月10日現在)もいただきました。皆さまのお力添えにより、今回も支援を実施できたこと、心より感謝いたします。

 今回の支援により、これまでの合計で1237人の移民・難民の方々への支援をしたことなります。

 これまでに寄付を受け取った方々からのお手紙を紹介します。



また、メッセージも届いています。

 

「帰国の目処がたたず,仕事も禁止されていて,生活費にとても困っています。3万円をもらうことができてとてもうれしいです。ありがとうございます。」(20代、男性)

 

「ホテルのルームメークの仕事をしていましたが、コロナで本当にこまっていました。友達に養ってもらっていましたが、支援を受けて少し返すことができました。ありがとうございました。」(20代、男性)

 

「働き手が居ない中で、子ども3名および親族3名の合計7人の大所帯の中で生活のメドが立たなくなっていた。支援金が貰えてありがたいが、この後さらにどこまで生活が続けられるか見通しが立たず辛い。」(40代、女性)

 

「長い間仮放免で仕事ができないため生活するのに大変でしたが、コロナでさらに大変になりました。一人10万円ずつもらえると聞いたので市役所に問い合わせたら、住民登録がないからダメだと言われ、がっかりしました。子どもたちは日本で生まれて日本の学校に通い、私たち家族は長い間日本で暮らしてきました。そして、コロナで困っているのは同じなのにどうして自分たちはもらえないのかと思いました。だからこの基金からお金をもらうことができて、本当に助かりますし、私たちのことを心配してくれている人たちがたくさんいるということがわかって、とてもうれしいです。ありがとうございました。」(50代、男性)

 

 

 このように、みなさまからいただいたご寄付により、困窮する移民・難民の方々への支援ができました。しかしながら、この1人3万円の支援は一時的な支援にとどまり、これからこうした方々が支援に頼らずに最低限の生活をするためには、政府や地方自治体による支援や制度自体の改善が必要です。

 

 移住連として、今後も国や自治体への要請などを通して取り組みをすすめてまいります。

 皆さまにおかれましても、支援を待つ移民・難民の方々を一人でも多く支援するため、引き続き寄付と周囲への呼びかけにご協力をお願い申し上げます。

 

 

今後の運営に関しまして、再度、以下の通りお知らせいたします。

この基金は夏季休業のため8月21日(金)の締め切りはお休みとし、翌週にまとめて申請を審査・支援いたします。

 

・8月21日(金)申請締め切り 
 夏季休業のためお休みとし、次週にまとめて審査・支援

・8月28日(金)申請締め切り 
 2週分の申請が可能です。すなわち(1) 特別定額給付金の対象外となる移民・難民・外国ルーツの方は、一会員につき40人、(2) 特別定額給付金の対象ではあるが、生活に困窮している移民・難民・外国ルーツの方は、一会員につき6人までの申請が可能です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

●送金先●
クレジットカード寄付の方はこちら

<ゆうちょ銀行>

 10160 - 73879641  【口座名】 トクヒ)イジュウシャトレン􏰁イスルゼンコクネットワーク

<ゆうちょ銀行以外からの振込>
 【店名】〇一八(ゼロイ􏰀ハ􏰀) 普通 7387964
<郵便振替口座>
 00140-3-421397  【口座名】 トクヒ)イジュウシャトレン􏰁イスルゼンコクネットワーク
※ 領収書希望の方は、送金後、メールで名前と住所をお知らせください。

●連絡先●
「支援基金専用」E-mail : smj-supportfund@migrants.jp/Tel : 050-3573-2316

 

 

 

移住連 新型コロナ「移民・難民緊急支援基金」運営チーム

お知らせ一覧へ

会員になる

寄付をする