FacebookTwitter

お知らせNews

2020.05.20 事務局から

特別定額給付金の対象拡大について(帰国困難な状態にある技能実習生、留学生、難民申請者の子ども等)


本日、4月27日の基準日に住民基本台帳に登録されていない外国人のうち、帰国困難な状態に置かれている(元)技能実習生、(元)留学生の方たち、また、難民申請者の子どもについても、特別定額給付対象とするとの発表がありました。
技能実習生や留学生で「短期滞在」や「特定活動(3ヶ月)」の在留資格の方は、「特定活動(6ヶ月)」への在留資格変更許可申請を行い、住民基本台帳への登録が必要となります。

詳細はこちらで確認ください。

「特定定額給付金事業における在留資格や在留期間の変更等があった外国人に係る取扱いについて」(5月19日付・総務省事務連絡)
https://migrants.jp/user/media/ijuuren/page/news/pdf/20520-kyufukin-1.pdf

「新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な中長期在留者及び元中長期在留者からの在留諸申請の取扱いについて」(5月20日付・法務省通知)

お知らせ一覧へ

会員になる

寄付をする