FacebookTwitter

イベントevent

2015.02.13 イベント

2月20日(金)シンポジウム:大学の多様性をグローバルにローカルに考える

シンポジウム:大学の多様性をグローバルにローカルに考える

グローバル化にともない、外国にルーツを持ち、日本で育つ子どもたちが年々増えています。しかし、日本の学校教育は、複数の文化と言葉を持つ子どもたちが、その力を発揮できるような制度になっていません。彼ら・彼女らの進学率は低く、ライフチャンスも限られています。こうした状況を是正するために、何が必要なのかを考えてみませんか。

<日時と場所>

2015年220日(金)130016301230開場)
茨城大学図書館本館ライブラリーホール(水戸市文京2-1-1
どなたでも参加できます(無料)

<第1部:宇都宮大学国際学部から>
◆宇都宮大学国際学部の取り組みと現状
田巻松雄(宇都宮大学国際学部)

◆学生の経験
チョードリ亜美奈(宇都宮大学国際学部)
コハツ・ホセ(宇都宮大学大学院国際学研究科)

◆コメンテータ
付月(茨城大学人文学部)

<第2部>

◆国勢調査にみる外国人の進学格差
鍛治致(大阪成蹊大学)

◆茨城県の外国籍生徒の進学状況─茨城NPOセンター・コモンズ グローバルセンターの調査報告
稲葉奈々子(茨城大学人文学部)

◆多様性を反映させる大学入試の試み─フランスの例
稲葉奈々子

司会 樋口直人(徳島大学総合科学部)

問い合わせ先
Tel: 
029-228-8131(稲葉)
Email: 
inabananako@gmail.com

共催:移住労働者と連帯する全国ネットワーク、茨城大学人文学部市民共創教育研究センター、宇都宮大学国際学部

(このシンポジウムは一部ソーシャル・ジャスティス基金からの助成を受けています)

会員になる

寄付をする