FacebookTwitter

イベントevent

2015.08.31 イベント

9月3日【院内集会】「国家戦略特別区域」における「家事支援外国人受入事業」の課題―新たな人権侵害を起こさいめに―

日時:20152015年9月3日(木) 14:00~15:30 (集会終了後15:30から記者会見)
場所:参議院員会館 (東京都千代田区永田町二丁目1-1)※15分前にロビーて通行証をお渡します。

チラシ
2015年7月15日に交付された「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の
一部を改正する法律案」の「家事支援外国受入事業」について、8月5日から内
閣府はパブリックコメント募集しました(※募集〆切は同月17日)。募集期間が2
週間にも満たない短期間、しかもお盆休みの最中という異様ともみえるスピード
募集ですが、この制度は私たちの生活に密接にかかわってくるものです。 特区
における「家事支援外国」受け入れに関する問題点と、受け入れ開始後に懸念
される権侵害を引き起こさないための必要な対策について考える院内集会を開
催します。
家事労働導入については、女性活躍に役立 つと歓迎の声も一部にあります。
それは本当でしょうか。その実像をつかむため、今回は、1973年以降、正式に外
家事労働の受け入れを開始した香港で、国際家事労働同盟(IDWF)アジ
アコーディネーターを務めるイプ・ピュイ・ユ(Ip Pui Yu、通称Fish:フィッ
シュ)さんをお招きし、香港の先進事例から外国家事労働受け入れに関する
今後の課題についてお話いただく予定です。

スピーカー:イプ・ピュイ・ユ(フィッシュ)さん(国際家事労働連盟(IDWF)アジア地域コーディネーター)
日本からの問題提起:竹信三恵子さん(ジャーナリスト、和光大学教員、アジア女性資料センター副代表理事)
主催:特定非営利活動法 アジア女性資料センター
共催:移住と連帯する全国ネットワーク(移住連)

<フィッシュさんのプロフィール>
47か国に57支部を持ち、32万以上の家事労働で構成される「国際家事 労働
連盟(IDWF)」のアジア地域のコーディネーターを2009年より務める。「香
労働組合連盟(HKCTU)」に1999年より参加し、その後はオーガナイザーとして
国内の労働の組合組織化を行ってきた。2001年「香港家事労働総連盟
(HKDWGU)」と2010年「アジア家事労働組合(FADWU)香港連盟」の創立
もある。

<お申込み>
15分前にロビーにて通行証をお渡しします。直接会場へお越しください。

<お問い合わせ>
特定非営利活動法 アジア女性資料センター
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14-10-211
Tel: 03-3780-5245/ Fax: 03-3463-9752
E-mail:ajwrc@ajwrc.org
http://www.ajwrc.org/

<カンパのお願い>
ゲストスピーカー招聘及び集会開催のために資金が必要です。恐縮ですがカンパ
をおねがいできればとても助かります。
・郵便振替口座:00150-1-263953
名義:特定非営利活動法アジア女性資料センター
・オンライン寄付(2000円)http://kessai.canpan.info/org/ajwrc/donation/100744/
・オンライン寄付(5000円)http://kessai.canpan.info/org/ajwrc/donation/100745/
・オンライン寄付(10,000円)http://kessai.canpan.info/org/ajwrc/donation/100746/
ーーーーーーーーーーーーーーー
(ここまで)

会員になる

寄付をする