お知らせ

【集会】外国人人権法連絡会総会2018記念シンポジウム「人種差別撤廃基本法を日本で実現させるために」(4/14・東京)

移住連も構成団体となっています、外国人人権法連絡会の総会とシンポジウムにつきまして、ご案内申し上げます。

「人種差別撤廃法」と「外国人・民族的マイノリティの人権基本法」「国内人権機関」の実現をめざして、弁護士・NGO・研究者が中心となり、2005年12月、外国人人権法連絡会が結成されました。
2016年6月に、日本で初の反人種差別法として、ヘイトスピーチ解消法(正式名称:本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律)が施行され、政府の取組みが根拠法をもって行なわれるようになりました。一部の地方自治体でも、条例づくりの作業が進められています。
しかしながら、ヘイトデモ・街宣活動は今も全国各地で行なわれており、今年2月には在日本朝鮮人総聯合会中央本部の建物が銃撃されるという事件まで起きてしまいました。人種差別根絶のための包括的な取組みが喫緊の課題であることは今も変わりなく、そのための根幹の一つとして、人種差別撤廃基本法の制定が強く求められています。
今年8月には、人種差別撤廃委員会による日本審査が行なわれます。国連人権条約機関の場において、日本における人種差別の実態が再び浮き彫りにされることになるでしょう。

私たちは、日本で人種差別撤廃基本法を実現させるために、これまで様々な取組みを行なってきましたが、今年の総会記念シンポジウムとして、諸外国における人権保障、ヘイトスピーチ規制についてじっくり学び、議論する場を設けることにしました。多くの方のご参加をお待ちしています。

◆日時◆ 2018年4月14日 (土) 14:00~16:00(開場 13:30)

◆場所◆ 在日本韓国YMCA 9階 2.8記念国際ホール
    〔地図〕東京都千代田区猿楽町2-5-5
    (JR・水道橋駅東口徒歩6分、地下鉄・神保町駅徒歩7分)

◆資料代◆ 1,000円(学生500円)
(新刊『日本における外国人・民族的マイノリティ人権白書2018』〈外国人人権法連絡会編〉1冊を含む)

◆主催◆ 外国人人権法連絡会 https://gjinkenh.wordpress.com

━━━━━━━━
プログラム
━━━━━━━━

●講演「諸外国における外国人の人権保障とヘイトスピーチ規制」(仮題)  近藤 敦さん(名城大学教授)
●全体討論
●アピール

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【お問合せ先】
◆在日韓国人問題研究所(RAIK)
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
日本キリスト教会館52号室
TEL 03-3203-7575  FAX 03-3202-4977  raik@kccj.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

180414総会記念シンポジウムチラシ(PDF)

ページ上部へ戻る
Translate »