お知らせ

【ここにいるキャンペーン】賛同企画連続講座「移民二世からの研究発信 第5回」(6/23・東京)

外国から出稼ぎ労働者が来日するようになって30年が経過し、日本で育った子ども代のなかから、「移民研究者」が誕生しています。「移民」を、みずから経験してきた研究者たちは、自分たちを対象としてきた先行研究をどのように読み、研究者としてみずからはどのようにアプローチしていくのでしょうか。

第5回目は、移住者の子どもたちの教育をめぐって、松田デレクさんとラファエラ・オリバレス・ヨシイさんの報告と宮島喬さんのコメントです。

日時:6月23日(土) 13:30~17:00
場所:上智大学四谷キャンパス中央図書館(L号館)9階 L-911会議室
図書館入口カウンターで「連続講座参加」の旨をお伝えください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

報告①:松田デレク(お茶の水女子大学)
「在日ペルー人保護者の教育観:神奈川県における質的調査より」

報告②:ラファエラ・オリバレス・ヨシイ(東京大学大学院)
「在日ブラジル人学校の子どもたちの大学進学」

 コメンテーター:宮島喬(お茶の水女子大学名誉教授)

申し込み不要・参加無料

主催:上智大学グローバルコンサーン研究所
共催:NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク

PDFは180624 移民二世からの研究発信5

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »