お知らせ

【シンポジウム】移住連シンポジウム2018「―メディアの力― メディアはなぜ日本の移民を語らないのか」(10/20・東京)

移住連は、上智大学グローバル・コンサーン研究所と共催で、以下の通り秋のシンポジウムを開催します。

 ************************************

 今年6⽉、政府は「新しい在留資格の創設」を盛り込んだ「⾻太の⽅針」を発表し、「外国⼈労働者」の受⼊れ拡⼤の⽅向性を示しましたが、同時に、これを「移⺠政策ではない」と強調しています。
 ⼀⽅、⼤⼿メディアも海外で⽣じている「移⺠問題」を取り上げることはあっても、⽇本に暮らす外国ルーツの⼈びとを「移⺠」と捉えることはこれまでほとんどありませんでした。
 しかし、⽇本に暮らす外国籍⼈⼝は、昨年末には250万⼈を超えました。100年以上の歴史をもつ在⽇コリアン、在⽇華僑はむろん1980年以降に来⽇し、ニューカマーと呼ばれてきた移住者も、第⼆・第三世代が⽣まれ、「移⺠」の歴史を作り出しています。
 このように、⽇本社会は多様化しているにもかかわらず、これを「移⺠社会」として捉える認識はまだ限られたもののようにみえます。なぜ⽇本の「移⺠」は「移⺠」として認識されず、語られないのでしょうか。本シンポジウムでは、メディア関係者とともに、⽇本社会の「移⺠」をめぐる認識について、とりわけメディアの⼒に焦点を当てて考えます。
 
 
◆日時 2018年10月20日(土)14:00-17:00(開場13:30)
 
◆会場 上智大学四谷キャンパス2号館401(〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1)
 JR/地下鉄「四ツ谷」駅より徒歩5分
 
◆プログラム
・坂本信博さん(西日本新聞編集局デスク)
・荻上チキさん(評論家、ラジオパーソナリティー)
・鳥井一平さん(移住者と連帯する全国ネットワーク代表理事)
 
◆資料代 500円(上智大学学生・教職員は無料) *申し込み不要 
 
共催:上智大学グローバル・コンサーン研究所
   移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
お問い合わせ:移住連 〒110-0005東京都台東区上野1-12-6 3F
                    TEL. 03-3837-2316  Email. smj@migrants.jp
 

秋シンポちらし

ページ上部へ戻る
Translate »