お知らせ

【声明 Statement】「麻生太郎副総理の発言に関する抗議声明」”Protest against the statement by Deputy Prime Minister Taro Aso”

移住連は、「麻生太郎副総理の発言に関する抗議声明」を発表いたしましたので、お知らせいたします。

 

麻生太郎副総理の発言に関する抗議声明

 

 報道によると、麻生太郎副総理は、9月23日の講演で、朝鮮半島の有事で難民が日本に逃れてくることを想定し、「武装難民かもしれない。警察で対応できるか。自衛隊の防衛出動か。射殺か。真剣に考えた方がいい」と発言したとされています。
 しかし、そもそも難民とは、広い意味で、本国における迫害や紛争、人権侵害のために国境を越えて庇護を求める人々を意味しています。にもかかわらず、難民に「武装」という表現を付け加える麻生副総理の発言は、庇護の対象者が、あたかも武装して侵入してくるかのような誤ったイメージを与えるものです。これは、結果として難民に対する根拠のない社会不安や敵意を醸成し、難民や庇護を求めてくる人々を不安定な状況、延いては生命の危機にさらしかねないものです。難民条約をはじめとする難民保護に関する国際規範や人権条約に反する発言を行うことは、条約締約国の日本政府を代表する立場としてあるまじき行為です。
 また、麻生副総理は、難民として逃れてきた人々を「不法入国」で逮捕、収容する可能性についても言及しましたが、難民を「不法入国者」として処罰することは難民条約に反しています。日本の出入国管理及び難民認定法においても、難民の場合、一定の要件の下、「不法入国」に関わる刑罰は免除されています。
 以上のように、麻生副総理の発言は、政治家・副総理という役職に就く公人の発言として断じて許されるものではなく、強く抗議し、撤回を求めます。

以上

2017年9月27日
特定非営利活動法人 移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)

 

PDF版「麻生太郎副総理の発言に関する抗議声明」


 

Protest against the statement by Deputy Prime Minister Taro Aso

 

When asked about a hypothetical situation of North Korean refugees coming into Japan, Deputy Prime Minister Taro Aso said in an address on September 23rd, reported to the media, that “perhaps [these refugees] are armed refugees. We should seriously think about whether we should let the police or the self-defense force handle them, such as by shooting.”

However, a refugee refers to a person forced to flee from his/her home country due to war, persecution or human rights violation. Therefore, creating the image of these people as “armed” refugees, Deputy PM Taro inflicts upon these asylum seekers a false image as if they are arriving with the purpose to invade. This creates a groundless fear and hostility toward these refugees and asylum seekers, pushing them into unstable, and even life-threatening situations. As a representative of Japanese government, Deputy PM should not say such remarks. They are against the international standards on the convention of refugees as well as other human rights treaties.

In addition to that, Deputy PM Taro also stated that refugees should be captured and detained as “illegal immigrants,” which is contradictory with the convention of refugees. The Japan’s Immigration Control and Refugee Recognition Act also states that refugees, under certain circumstances, are exempt from punishment for “illegally entering the country.”

As explained, the remarks of Deputy PM Taro are not acceptable for someone who serves as a politician and as a Deputy PM, and we thus strongly condemn such remarks and demand that he revokes them.

 

September 27th, 2017

NPO Solidarity Network with Migrants Japan

PDF<Protest statement20171004>

ページ上部へ戻る