お知らせ

【院内集会】「今こそ人種差別撤廃基本法の実現を」Part6(11/2)のご案内

PDFフライヤーはこちら

 ヘイトスピーチ解消法成立から1年半。「ヘイトスピーチは許されない」、「マイノリティ差別のない日本に」という考えが、日本社会でも広く共有されつつあります。しかし一方で、排外主義的な言動は公的場面やネット空間で続いています。ヘイ
トスピーチ解消法をより実効性あるものにし、人種差別撤廃基本法を成立させる必要性が明らかになっています。
 今回の院内集会では、これまで各専門の立場で人種差別問題について発信してきたスピーカーの問題提起から、今後の方向を探ります。
 多くの皆さまの参加をお待ちし、ともに次の一歩を進めたいと思います。

●日時:2017年11月2日(木) 15:00~16:30

●会場:参議院議員会館 B107(東京都千代田区永田町2-1-1)
 -地下鉄 有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」1番出口よりすぐ
 -地下鉄 丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」1番出口より徒歩5分

●事前申込み:不要
 ※入場には入館証が必要です。参議院議員会館1Fロビーで14:30から入館証を配布します。

●プログラム:
「法務省の外国人住民調査にみる差別」鈴木江理子さん(国士館大学教員)
「インターネット上におけるヘイトスピーチの状況」ハン・トンヒョンさん(日本映画大学教員)
「ヘイトスピーチ解消法の実効化を検証する」師岡康子さん(弁護士)

●主催:外国人人権法連絡会/移住者と連帯する全国ネットワーク/人種差別撤廃NGOネットワーク/のりこえねっと/ヒューマンライツナウ

[連絡先]外国人人権法連絡会(RAIK内) e-Mail: raik(at)kccj.jp TEL:03-3203-7575

ページ上部へ戻る