お知らせ

【ここにいるキャンペーン】賛同企画講座「移民二世からの研究発信」(10/7・上智大学)

<移住者の権利キャンペーン2020「ここにいる koko ni iru. 」賛同企画>

ー 移民二世からの研究発信 第1回ー

 外国から出稼ぎ労働者が来日するようになって30年が経過し、日本で育った子ども世代のなかから、
「移民研究者」が誕生しています。「移民」を、みずから経験してきた研究者たちは、自分たちを対象
としてきた先行研究をどのように読み、研究者としてみずからはどのようにアプローチしていくので
しょうか。

 第一回目は、豊田市で育ったブラジル人研究者、篠原ロンカット・マリアナさんの報告と、樋口直人
さんからのコメントです。

日時:2017年10月7日(土)16:00~18:00
場所:上智大学四谷キャンパス2号館6階615a
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
(参加費無料です。参加申し込みは必要ありません)

報告者:篠原ロンカット・マリアナさん(上智大学客員研究員・カンピーナス大学)

「日本におけるブラジル人デカセギ労働者とインターセクショナリティー ― ジェンダー・階級・エスニシティの交差」

コメンテーター:樋口直人さん(徳島大学)

(問い合わせ先) inabananako(at) gmail.com

(PDF)171007 移民二世からの研究発信


◆移住者の権利キャンペーン「ここにいる koko ni iru.」とは―

http://kokoniiru.migrants.jp

ページ上部へ戻る