お知らせ

【12月17日(土)】国際移住者デー2016「オキュパイ・ベーカリー」から考える移住労働者の闘い

English Below!

本イベントは終了いたしました!86名の方にご参加いただきました。ありがとうございます!

第1部では映画を鑑賞し、第2部では各国の料理を囲みながらの交流会を行いました。

多くの移住者の方にもお集まりいただきました。

多くの移住者の方にもお集まりいただきました。

カレーもふるまわれました!

カレーもふるまわれました!

Migrants Flagを皆さんと一緒に作りました。またどこかのイベントで見られるかも・・・?

Migrants Flagを皆さんと一緒に作りました。またどこかのイベントで見られるかも・・・?

 

毎年ご好評いただいている「国際移住者デー」イベントを今年も開催いたします!

チラシはこちら(日本語)

 
「毎年12月18日は国連の定める「国際移住者デー」です。2016年の同国際デーを記念して、恒例の「多民族・多文化な祭典」記念イベントを開催します。2013年の「HAFU」、2014年の「ア・エスコーリャ」、2015年の「バベルの学校」に続き、2016年は「オキュパイ・ベーカリー~ファストフード労働者の闘い」を上映します。」

 

Day 1 of Hot & Crusty Occupation

Day 1 of Hot & Crusty Occupation

 

多民族・多文化な料理を楽しみながら、「国際移住者デー」や「多民族・多文化共生」について、一緒に考えてみませんか?今年はとくに多くの移住者・移住労働者の方たちに参加していただきたいと思っています。
どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください!

<概 要>

日 時:2016年12月17日(土) 14:30~17:30
場 所:南部労政会館 第6会議室 (東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー2階)
    JR大崎駅新東口より徒歩3分
参加費 :移住連会員500円、一般1,000円
    (第2部の交流会参加費を含む。ドリンク代別)
申込み:当日受付・先着70名

主 催:NPO法人 移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
協 力:レイバーネット日本

<プログラム>

第1部 ▽ ドキュメンタリー上映 『オキュパイ・ベーカリー~ファストフード労働者の闘い』

     監督:レイチェル・リアーズ、ロビン・ブロチュニック 2014年/84分/アメリカ
     原題「The Hand that feeds」英語・スペイン語(字幕:日本語・スペイン語)
     *日本語版制作=レイバーネット国際部

第2部 ▽ 移住者・移住労働者からのアピール
     交流会(アジアの料理を囲んで)

<国際移住者デーとは?>

1990年12月18日に国連にて「すべての移住労働者およびその家族の権利の保護に関する国際条約」が採択されたことを記念して定められました。外国籍住民が増加している日本でも本条約の批准や、外国人人権基本法等といった法整備が早期に求められています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

International Migrant’s Day Event is Coming Back!

December 18th is “International Migrant’s Day” proclaimed by United Nations. So we will hold the event “Multi Ethnic/ Cultural Festival” as the annual celebration of this day.This year, we will screen “The Hand That Feeds” following “A Escolla” in 2014, and “School of Babel” in 2015.
Also, migrant workers in Japan will talk about their fights. How about considering about “Migrant Workers” with Asian food?

Everyone is welcome! We hope you all come and join us!

Flier here!

<Program>

Date: 2016, Dec 17th (Sat) 2:30pm~
        (Doors open at 2pm, close at 5:30pm)
Venue: Nanbu Rousei Kaikan
           2F, Osaki west tower, Gate city, 11-1, Osaki 1cho-me, Shinagawa-ku, Tokyo
Entrance fee: ¥500 for SMJ members    ¥1,000 for non-member
                    (including Asian food, except drinks)

*First 70 arrivals can participate

Organizer: Solidarity Network with Migrants Japan
Supporter: LaborNet Japan

<Schedule>

Session 1: Film Screening “The Hand That Feeds” by Rachel Lears, Robin Blotnick
               (2014 Production/ 84 mins, English and Spanish with Japanese subtitle)

Session 2: Talk by migrant workers in Japan and Cultural mixer with Asian food

<What’s International Migrant’s day?>

The UN General Assembly proclaimed December 18th as “International Migrant’s day” in commemoration of adopting “International Convention on the Protection of the Rights of All Migrant Workers and Members of Their Families” by them on 18th December 1990. Japan, with increasing number of migrants, should also consider to ratify this convention without delay and enact basic laws related migrants rights.

 

 

ページ上部へ戻る