お知らせ

【院内集会】「守ろう!外国人労働者のいのちと権利」(10/31・東京)

昨年10月31日にも開催された「守ろう!外国人技能実習生のいのちと権利」集会が、
今年も「守ろう!外国人労働者のいのちと権利」として、同じ10月31日に開催されます。
パネリストの一人として、代表理事の鳥井が参加いたします。
 

——————————————————————————————————-

「守ろう!外国人労働者のいのちと権利」

 
外国人技能実習法が2017年11月1日に施行されて1年が経ちます。昨年の10月31日に開催した「守ろう!外国人技能実習生のいのちと権利」集会では、技能実習生が過酷な労働実態を生の声で訴えるとともに、技能実習制度の問題点を指摘し、外国人技能実習生のいのちと権利を守る運動を推し進めていくことを確認しました。
今年も10月31日に、「守ろう!外国人労働者のいのちと権利」集会を開催いたします。昨年から継続し、関係団体の幅広い参加による実行委員会が主催する集会です。
新技能実習制度は、矛盾を抱えたままスタートして1年。さらに政府は、深刻な人手不足を背景に、就労を目的とする新たな在留資格を設け、外国人労働者の受入れを拡大しようとしています。
本集会では、技能実習制度の問題事例の報告と、政府による新たな外国人労働者受入れ政策についての問題点と課題を明らかにしたいと考えています。ぜひご参加ください。

 

日時:2018年10月31日(水)12:00~13:30
場所:参議院議員会館101会議室
集会内容:

(1)今年司会・主催者あいさつ
(2)出席国会議員の紹介とごあいさつ
(3)パネル討論
パネリスト    村上陽子 日本労働組合総連合会(連合)
         鳥井一平 移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
         棗 一郎 日本労働弁護団
         小山正樹 ものづくり産業労働組合JAM・在日ビルマ市民労働組合(FWUBC)
コーディネーター 指宿昭一 外国人技能実習生問題弁護士連絡会
(4)集会アピール

 

主  催:集会実行委員会 / 日本労働組合総連合会(連合)
                                       移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
                                       在日ビルマ市民労働組合(FWUBC)
                                       ものづくり産業労働組合JAM
                                       外国人技能実習生問題弁護士連絡会
                                       日本労働弁護団
                                       外国人技能実習生権利ネットワーク

 

ページ上部へ戻る
Translate »