ブログ

「自治体国際化フォーラム」特集:日本に住む外国人労働者の就労支援

月刊「自治体国際化フォーラム」2014年12月号

特集:日本に住む外国人労働者の就労支援 pdf(2.6MB)

日本に住む外国人労働者の就労支援

1 総論 自治体における外国人への就労支援の現状と課題

    渡辺 博顕 (独)労働政策研究・研修機構(JILPT)研究員

2 取組事例

2-1 厚生労働省における外国人労働者への就労支援の現状と課題

     厚生労働省職業安定局外国人雇用対策課

2-2 東京労働局における外国人雇用対策

    東京労働局職業安定部職業対策課

2-3 ハローワークとの協働による外国人就労支援事業の現状と課題

   岡山県総社市保健福祉部福祉課 岸本・ダニエル・ユウジ ポルトガル通訳者 / 久保 豪 自立支援推進員

2-4 外国人社員の活躍と民間企業としての挑戦

   植木 康晴 (株)セブン銀行リテール営業部主任調査役

2-5 天竜厚生会が行う外国人雇用の取り組み

   森川 正志 (社福)天竜厚生会総務部総務課主任

2-6 取材レポート「伸こう福祉会」において外国人を介護スタッフとして雇用し続ける理由とは?

    建道 文子 (一財)自治体国際化協会多文化共生部多文化共生課主事(広島市派遣)

3 まとめ 今後のあり方〜外国人の日本語学習と地域での受入体制〜

    渡辺 博顕 (独)労働政策研究・研修機構(JILPT)研究員

月刊「自治体国際化フォーラム」
地域の国際化活動に有益な情報を、地方公共団体をはじめ関係者に広く紹介する“自治体のための国際化情報誌”「自治体国際化フォーラム」を毎月発行し、都道府県、政令指定都市、特別区、全国の市町村、地域国際化協会等に無料で配布しており、発行部数は6,000部に上っています。 特集等のテーマについてのご要望、地域の情報、ご意見等を担当課までお寄せください。
一般財団法人自治体国際化協会

ページ上部へ戻る