ブログ

(10/14)ここにいるキャンペーン協賛企画:外国にルーツを持つ母親と子どもたちの声(3団体共催)

<Campaign for Rights of migrants 2020 移住者の権利キャンペーン 2020 協賛企画>
FORUM on Migrant Mothers and Their Children
公開フォーラム:外国にルーツを持つ母親と子どもたちの声

Jointly Organized by ENCOM YOKOHAMA, Japanese Filipino Children Network (JFCNet) and KALAKASAN Migrant Women Empowerment Center
with the Cooperation of Solidarity Network with Migrants, Japan (SMJ)

Date: October 14, 2017 Place: Kashimada Catholic Church
日時:2017年10月14日(土) 12:30より(終了16時)
場所:カトリック鹿島田教会(2 minutes walk from Kashimada station; 6 minutes from Shinkawasaki station)

■Program プログラム■
12:00 Registration 受付
12:30 Opening, Introduction 開会、イントロダクション
12:40 EDEN AYO/JOSEPH WATANABE エデンアヨ/渡辺ジョセフ(Kalakasan カラカサン)
13:40 MIKI YUKIMI 三木幸美(Toyonaka Multicultural Symbiosis とよなか国際交流協会)
14:40 Question and Answer 質疑応答
15:10 Workshop ワークショップ
15:40 Reporting to Big Group / Wrapping

<スピーカー紹介>
○エデン・アヨ
日本人男性との間の5人の子どもを持つフィリピン国籍のシングルマザー。4人の息子と1人の娘
の5人の子どもたちに愛情を持ってシングルで育て、自身と5人の子どもは非正規滞在であった期
間を含めて、日本での生活が安定するまでに様々な困難を経験してきた。10 年余り、彼女と子ど
もたちはカラカサンの活動にも活発にかかわってきた。
○三木幸美
大阪で、日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれ、育つ。6歳の時に日本国籍を取得して現
在の三木幸美になる。2009 年から、とよなか国際交流協会の活動にかかわり、子どもと大人のた
めのダンス教室などを始める。2016 年より、協会職員。ダブルの子どもたちをサポートする活動
のほか、各地での講演活動などでも活躍している。

<主催団体紹介>
○ENCOM YOKOHAMA(カトリック横浜教区難民移住移動者委員会)
横浜市中区末吉町教会内に拠点を持ち、国籍を超えて人々が共に生きる多文化共生社会、神の子と
しての一人ひとりの人間の尊厳が大切にされる共同体づくりをめざして活動しています。相談支援
活動、外国籍信徒の司牧や養成、子どもの学習支援、共同体づくり、船員司牧、セミナーの開催等
の活動を通して、多言語司牧チーム(英語・タガログ語・スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語・
中国語)と横浜教区内の4県(神奈川、静岡、長野、山梨)の小教区とが協力しています。
○JFC ネットワーク
親を知ること。親から養育を受けること。親から自分の子どもだと認めてもらうこと。これは子ど
もの権利です。親や国家によって尊厳を守られていないフィリピーノ・ジャパニーズ・チルドレン
(フィリピン人と日本人を親に持つ子どもたち)が一人の人間として認められ、尊厳を失わずに生
きていける社会を目指しています。親や国から遺棄された状態から回復するための支援として、父
親捜し、認知、養育費、国籍取得等のための法的な手続きのサポートをしています。また、法的な
問題が解決してもなお残る精神的な問題についての取り組みも行っています。
○カラカサン〜移住女性のためのエンパワメントセンター
日本に暮らす移住(外国籍)女性と子どもたちのエンパワメントをめざして活動しています。
30 年以上も日本で暮らし、子供を育ててきた移住女性の多くはこの社会の中で尊厳をもって生きて
いくのに必要な様々な情報や機会を得られないままに取り残されています。カラカサンでは在留資
格や女性・労働者としての権利等についての情報提供をします。問題が解決するまで彼女らと共に
歩み、移住女性と子どもたちが人間としての尊厳を取り戻し、日本社会の中で安心して安定した生
活を送れることを目指しています。

★languages: Tagalog, English and Japanese. 日本語、英語、タガログ語の逐次通訳あり。

★主催・問い合わせ:
ENCOM YOKOHAMA(カトリック横浜教区難民移住移動者委員会)045-­315-­7040
特定非営利活動法人JFCネットワーク 050-­3328­‐0143
KALAKASAN カラカサン~移住女性のためのエンパワメントセンター 044-­511-­1562

PDFチラシ
20171014FORUM-MigrantMothersandTheirChildren

 

関連記事

ページ上部へ戻る